POSレジ

売れているお店のノウハウを特定して応用できるPOSレジ

笑顔の店員

レジと聞くと、お店で商品を販売した時の精算用機械のことという認識の人が殆どでしょう。しかし最近はPOSレジといって、通常の会計用レジよりもはるかに高度な機能を備えたレジが活用されています。そのいい例が飲食店です。飲食店で、系列のお店が様々なエリアにある場合、売れるお店とそうでないお店の差が大きく開くという現象がよく起こります。こんな場合、売れていないお店の業績を改善するためにどうしたらいいでしょうか。売れているお店の勝因を分析して、そのノウハウを売れていないお店でも応用することが、一つの解決策になるでしょう。POSレジを使うと、このアプローチを実践に移すことが出来ます。POSレジがあれば、売れているお店での顧客属性情報や、よく出るメニュー、客単価、お客様が多い時間帯など、マーケティングに役立つ詳細な情報をリアルタイムで収集できます。ある程度の期間、そうした情報を集めて傾向を把握することで、売れていないお店との差がどこにあるのかを可視化できるでしょう。判明した違いについて検討して、売れているお店のやり方を取り入れることで、売上が思わしくないお店のパフォーマンスを改善する糸口がつかめます。
情報収集と分析、その活用によって飲食店の経営を改善したいなら、是非、POSレジを導入しましょう。